読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パーソナルトレーナー京角省吾のブログ

パーソナルトレーナーの京角省吾です。東京都渋谷区、恵比寿、埼玉県朝霞市で活動。出張パーソナルトレーナーでもあり出張パーソナルトレーニングも受け付けています。ボディメイク・ダイエットがメインに本気で痩せたい方、カラダを変えたい方は京角省吾にお任せください。

GI値って

 

 

 

恵比寿、朝霞、出張パーソナルをやらさせて頂いておりますヒサノトレーニングラボの京角省吾です( ´ ▽ ` )ノ

 

 

 

 

 

GI値グリセミック指数)という言葉を聞いたことはないでしょうか?

 

 

これは、食品を摂取した際にインスリンの分泌を促す指標として用いられます。

 

通常はブドウ糖を100として表されます。
※国や表によって基準は異なる

 

 


脂肪細胞によるグルコースの取り組みはインスリンによって活性化されるので、食後にあまりインスリンが分泌されないようにすれば肥満を防げる。
ということです。

 

 

 

 

 

 

糖質の摂取血圧の上昇インスリンの分泌脂肪細胞によるグルコースの取り組み脂肪細胞の肥大


という流れです。

 

 

 

つまり、
GI値の低い食品を食べることで同じ炭水化物でも、脂肪の蓄積量が異なるということです(*^_^*)

 

GI値の低い食品には、玄米・オートミール・パスタ・そば・フルーツなどがあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、

 

実際にマウスに同じカロリーの通常食と、果糖+高脂肪食(低GI値)を与えたところ、
後者の方が肥満が起こったという報告があります。

 

 

インスリンの分泌が低くても、脂肪食によって脂肪細胞に対するインスリンの作用を増強してしまったことが考えられます。


GI値にばかりこだわるのではなく、まずは脂肪の摂りすぎに注意を払いましょう。

 

 

 

GI値を気にするのはそれからです(*^_^*)

 

 

 

 

※念のため言っておきますが、ケトーシスダイエット中に脂質をカットするのは間違いです。

パーソナルトレーナー京角省吾の公式HPはこちら⬇︎
http://gyu-kakusk-09.wixsite.com/kyokaku-fitness